So-net無料ブログ作成

婦人公論 [里親,養子]

「冬の小鳥」という映画の上映会に行ってきました。

映画は、簡潔で、じわじわと後から効いてくる感じです。
後日、じっくりと、感想を書きたいと思います。

さて。
「冬の小鳥」で検索してみたら、鎌田實先生のブログが出てきました。
「婦人公論」にて、「冬の小鳥」の監督との往復書簡が載っていると。

今日、購入して、読みました。

買って良かった。

映画の場面場面が、思い出されます。

そして。
やはり、どうしても、2人の子どもの事を思います。
子どもに会うために通っていた乳児院の事も。。。


映画を観終わってから感じた、

「今、幸せだからこそ描けるのだろうなぁ。」

という力強さと同じく、往復書簡は、

「今、幸せだからこそ、ここまで言えるのだ。」

と、勇気づけられる文章でした。


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。