So-net無料ブログ作成
検索選択

高倉健さん死去 [映画]



悲しい知らせに驚いてます。
新しい映画の製作が進んでいたとの事。
まだまだ観たかったなぁ。

テレビで父と一緒にたくさんの作品を観ました。
懐かしい気持ちになります。

これから追悼放送で多くの映画を観ることができるはず。
改めて健さんのカッコよさにしびれさせてもらいます。

nice!(0)  コメント(0) 

BSフジ シネマサンデー [映画]

BSフジのシネマサンデーがとても面白いです。
(以前はプラチナサンデーでした)

ピーコが映画を紹介しています。
「ウインドトーカーズ」
「ガントレット」
「素敵な人生のはじめ方」
「不撓不屈」 佐高信
「ショウほど素敵な商売はない」
「タクシードライバー」
「史上最大の作戦」
「ショコラ」
「伊豆の踊り子」
「イングリッシュ・ペイシェント」
「インドシナ」
「素直な悪女」
「レナードの朝」
「沈黙の逆襲」
「ねらわれた学園」
「グッド・ウィル・ハンティング」
「細雪」
などなど。

随分しばらくぶりに観る映画や、有名な映画なのに初めて観る映画。
どれも面白くて、やっぱり映画はいいなぁとしみじみと思います。

ゲストとのトークもさすがな話術で楽しい!
最近は放送する映画との関連はないけれど、
ピーコの部屋状態となっていて興味深い話ばかりなので楽しみにしています。

nice!(0)  コメント(0) 

マスターズ甲子園を題材にした映画「アゲイン」製作 [映画]



マスターズ甲子園の大会テーマソングは省吾の曲。

映画化のニュースを読んで、ファンは期待しちゃいます~[揺れるハート]

映画の主題歌、どうなるでしょうねぇ[るんるん][るんるん][るんるん]
nice!(0)  コメント(0) 

映画 「人生、ブラボー!」 [映画]

結婚記念日に観た映画は『人生、ブラボー!』。

この選択は、我ながら素晴らしかったと思います[わーい(嬉しい顔)]

あったかいコメディなんだろうなぁと想像して行ったら、後半じわじわと感動しまくり[ハートたち(複数ハート)]

主人公ダヴィッドが情けないヤツなのかと思いきや、周りの人がやたらと素敵な人物ばかり。
ということは、やっぱりダヴィッドも素敵なのであります。
そうだよね。そういうことなんだよね。

友人が太っていてクルクル巻き毛。
クリス・ペンを思い出します。
出てきた瞬間にいい人だと分かります。
眠っていた子どもが寝ぼけながらくっついてきて、近くで寝ちゃうのがおおらか~。
おおらかさは大事です。

美人な恋人はさすがにダヴィッドに対して不安。
でも、ダヴィッドのお父さんが素晴らしいアドバイスをしてくれる。
お父さんの大きな大きな愛情。
結婚することも親になることも、大変だけど楽しみも盛りだくさん。

久しぶりに強力におすすめしたい映画に出会いました[exclamation×2]

nice!(0)  コメント(0) 

タイタニック [映画]

昨日、BSでタイタニックをやってました。

ナンは自分の部屋に篭ってしまい、夫は途中から寝てしまいました[眠い(睡眠)]
コン(小5)と2人で見ていたのですが。

激突の後、コンのテンションがだんたんと上昇[右斜め上]


そして。


「早く、逃げろよ[exclamation] チューしている場合じゃないだろ[exclamation×2]

「チューはいいから[むかっ(怒り)] 早く逃げろー[exclamation×2][ふらふら]


テレビに大接近し、早く脱出するように大声で訴えておりました[手(パー)]


確かに、チュー[キスマーク]し過ぎだよね[わーい(嬉しい顔)]

nice!(0)  コメント(0) 

ポーカー [映画]

少し前から、コンが、ポーカーにハマってます。

夫に簡単なやり方を教わって、男2人でやったり、
私も一緒に3人でやったり、コンと私の2人でも時々。

コンは、数字が連続するストレートか、
マークが同じになるフラッシュを狙う事が多くて、
あまり勝てません。


ポーカーにハマっているのなら!
と、録画してあった、スティーヴ・マックィーンの
「シンシナティ・キッド」を、コンと2人で見ました。
コンは興味津々で見始めたけど、
集中力は最後までは持続できませんでした~[あせあせ(飛び散る汗)]
マックィーンのカッコよさは分かったのかしら~?

nice!(0)  コメント(0) 

映画 「冬の小鳥」 [映画]

娘を乳児院から迎えたのは、11年前。
その後、息子を迎え、四人家族になってから、8年。

乳児院に通った日々は、遠い記憶となっている。

「冬の小鳥」を観て、久しぶりに、乳児院にいた頃の娘と息子を思った。

娘は笑顔は可愛かったが、きつい表情の時も多かった。
怒りを秘めている感じがした。
とてつもない孤独の中で生きてきたのだ、と、真剣に想像した時、
私は自分の未熟さに愕然となった。

ジニの怒ったような表情。
お腹がすいて、必死に食べる様子。
子どもの持っている生命力、たくましさ。
怒りの爆発。
孤独を知る賢さ。

大人は圧倒される。

息子は乳児院では、成長が少し早かった。
以前、乳児院などでは、早く成長する子もいると聞いていた。
早く成長する。早く大人になる。
環境を敏感に感じ取ってしまうのかもしれない。
家に迎えてからは、成長スピードの違和感はなくなった。


施設から旅立つジニ。
真っ直ぐな視線。

ものすごい勇気だと思う。

すがすがしいエンディング。


施設にいる子どもの一人でも多く、
ジニのように、新たな家族が出来るといい。
うちの娘と息子のように。

nice!(0)  コメント(0) 

「ハイスクール・ミュージカル」 [映画]

「ハイスクール・ミュージカル」を、やっと見ることができた。

TSUTAYAのDISCASで、ずーーーーっと、予約リストの一番にしていたのだが、
なかなか借りられなかった。
人気があるのだから、在庫を増やせばいいのになぁ。

ナンも一緒に見たのだが、ミュージカルとゆーものをよく知らないので、
最初は不思議だったようだ。

始まってすぐに、主人公が、
「バスケに集中するんだ!歌が好きって事は知られちゃいけないんだ!」
といった内容を歌う。

「今、歌ってるのにね~」と、不思議がるナン。

「こんなに、みんなの前で歌ってるのに~。」と。

これは、セリフを歌にして、歌っているんだよ~。と説明。

しかし、ピンとこない様子。

でも、その後は不思議がっていなかったので、
すぐに引き込まれていったようだ。
ディズニーって、やっぱり家族で安心して見られる所がいいなぁ。

とても面白かったので、次は2作目を予約しよう。
今度は早く借りられるといいなぁ。

コメント(2) 

「スタンド・バイ・ミー」 [映画]

私も夫も、映画好きであります。

最近はなかなか観れなくて残念。

ふと、呼ばれた気がして(本当です!)、
「ほぼ日」を覗いてみたら、「DVDでドミノ!」という
素敵なものがありました!!

http://www.1101.com/dvd/2009-07-29.html

おすすめのDVDをドミノのようにつなげていきましょう。
というものです。

スタートが「ビートルジュース」。

私も夫も、「ビートルジュース」は微妙なボジション。
次の「ビッグフィッシュ」は、夫が私の誕生日プレゼントに
贈ってくれたDVDです。
その次の「ムーラン・ルージュ」は、2人共、大好きな映画。
次の「世界中がアイ・ラヴ・ユー」は微妙。
次の「タロットカード殺人事件」は観ていません。
ヒュー・ジャックマン、大好きなのになぁ。
「ニューヨークの恋人」は観てます。
ヒュー・ジャックマン、とびきりカッコイイです。
「ノッティング・ヒルの恋人」はDVDあります。
現代版ローマの休日。素敵です。
「エリン・ブロコビッチ」。
これも、DVDあります。夫がジュリア・ロバーツの大ファンです。
「ショーシャンクの空に」も好きです。

そして。

「スタンド・バイ・ミー」。

DVD、あります。
大好きです。

スタンド・バイ・ミーつながりで、何か、映画を紹介する。

我が家にとって、楽しくもあり、難しくもある問題です。

リバー・フェニックス君。
思い入れが強すぎて、どうしたものかと思います。
ねっとりと、「マイ・プライベート・アイダホ」にするか。
インディの年令まで生きていてほしかったー!と、
「インディ・ジョーンズ」にするか。
すごく好きだった「殺したいほどアイ・ラブ・ユー」にするか。
なんだか、久々に、生きててほしかったな~という感情が
湧き出てしまい、どーにもならなくなってしまいました。

どーにもならず、ジェームズ・ディーンにまで話が及び、
「エデンの東」か「理由なき反抗」か。と悩みました。
「ジャイアンツ」になると、ちょっと、違うのです。


気分を換えて。
子どもがガヤガヤというつながりで、「グーニーズ」にするか。

4人の成長物語というつながりで、
「旅するジーンズと16歳の夏」もいいです。
女の子の話で、おすすめの映画です。

曲がぴったり!というつながりで、
「セント・エルモス・ファイヤー」もいいなぁ。



今は夏休み。
「スタンド・バイ・ミー」を子どもと観るのにいい時です。

コメント(0) 

アカデミー賞 [映画]

盛り上がりましたね。「アカデミー賞」。

毎年、この日だけは、WOWOWがとてもとても見たいです。
でも、一日のためだけに契約するのはあまりにももったいないので、
我慢しております。

「おくりびと」が受賞して、滝田監督と本木氏(ついついモックンと言ってしまう)が
話しているのをたくさん見ます。
滝田監督と本木氏の信頼関係というか、絆のようなものが感じられて、
2人の話し方、話す内容に、なんだかとても安心します。
ところで、本木氏は、だいぶ前から、日本のジョニデだ!と思ってます。
ジョニー・デップと、雰囲気が似ています。

今年の司会の、ヒュー・ジャックマン。
大好きです。
以前、トニー賞の司会をしていた時も、とても良かった。
すごく明るいのです。

NHKのBSは見られるので、一ヵ月後?位のダイジェスト版放送が
待ち遠しい!

コメント(0)